Home > 南砺を旅する > シルクのまちですべすべ探訪

南砺を旅する

modelbanner01.jpg
 

400年以上も前から絹織物が盛んな南砺市城端を舞台に、
絹織物にまつわる体験やスイーツ、ショッピングを楽しめるコース。
さらに、城端の素材を活かしたアイスクリームや、
城端の温泉を活かしたセラピーも楽しんで、肌も心も体もシルクのようにすべすべになろう!

 

course_jyohana2014.jpg

 

m_course_hr.jpg

 

course01_1.jpgcourse01_222.jpg

 

 

城端で栄えた絹織物文化のシンボル的な存在「じょうはな織館」では、初心者向けの卓上機、あるいは昔ながらの足踏み式手織り機の高機(たかばた)を使って手織り体験を楽しめる。コースも豊富に揃っているので、所要時間や作ってみたいものに合わせて選べるのもうれしい。なかでもおすすめしたいのは、卓上機なら1時間ほどでテーブルセンターを織り上げる「織遊(おりあそび)」が、高機なら30分ほどでコースターを織り上げる「絹初(きぬはじめ)」のコース。また、お守り袋を手織りして願い事を入れる「手織りのお守り作り」など、数ヶ月に1度内容が変わるコースもあるので、お楽しみに!
  

住所 富山県南砺市城端648-1
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
TEL 0763-62-8880
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
開館時間 10:00〜17:30(11〜3月は10:00〜17:00)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
休館日 水曜(祝日の場合は開館)、年末年始
 

m_course_hr.jpg

 

course02_1.jpg

course02_2.jpg

 

絹100%の城端産絹パウダーには、蚕の繭からとった良質のアミノ酸が含まれている。その絹パウダーを使った田舎饅頭「越中城端 織物語」を作っているのが、明治時代から代々続く御菓子処「井波屋」だ。通常の田舎饅頭よりもやわらかくモッチリとした食感を楽しめるのは、皮に絹パウダーが入っているから。その皮からちょこちょこ顔を出している自家製の小豆餡は、北海道産の大納言を使ったもの。こだわりの砂糖だけを加えて炊き上げているため、上品で控えめな甘さが口に広がる。自宅はもちろん、お土産にも最適だ。また、春から冬前までは、絹パウダー入りの「絹ソフト」を発売。なめらかな舌触りとサッパリとした後味に病みつきになる人が続出している。

住所 富山県南砺市城端573
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
電話 0763−62-0201
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
営業時間 8:30〜19:00 定休日 水曜

 

m_course_hr.jpg

  

course03_22.jpg

 

 

2頭の蚕が作る、1つの玉繭。その稀少な玉繭で創る糸で織り上げたものを「絓絹(しけきぬ)」という。白く点々とした太い節と温かみのある質感が特徴だ。その絓絹を明治10年から織り続けているのが「松井機業」。織りから染色、和紙とのはりあわせまで全行程を一貫生産しているのは、全国でここだけしかない。その製造工程を見られる工場見学が人気だ。また、展示場では、絓絹で作られた多彩な絹製品を買うこともできる。1番人気は、ストール。絓絹を使ったストールと絹紡紙を使ったストールがあり、好みで選べるのがいい。他にも、絓絹の風合いがやさしい「ご祝儀袋」や「心づけ袋」、枕に敷いて寝るだけで髪が美しくなる「美髪シルク」など、絓絹ならではの魅力が満載。お土産に買っていくと喜ばれそうだ。

住所 富山県南砺市城端3393
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
電話 0763−62-1230
※工場見学も展示場も事前予約が必要(1人からでもOK)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
営業時間 月〜金曜の10:00〜17:00
(土・日曜は予約があれば営業)
 

m_course_hr.jpg

 

course04_1.jpgcourse04_2.jpg

 

 

地元で栽培される旬の野菜を使ったスイーツを楽しめるのが、農家の納屋をリフォームしたカフェ「なやかふぇ」。南砺市の特産品である干し柿をラム酒にじっくり漬け込んだ「ラム酒に漬けた干し柿のアイス」は、干し柿の食感と濃厚な風味がクセになる逸品。また、地元のカボチャや小豆などを使った「なやしるこ」も、実にユニーク。カボチャの冷製スープ、白玉団子、自家製餡、バニラアイスといった意外な組み合わせだが、想像以上に相性が良い。どの商品も素材の甘みを活かすよう、なるべく砂糖を使っていないのが特徴。どうしても甘みが足りない時は、福光の石黒種麹店の甘酒のもとを加えて甘さを調整しているという。だから、お子さんも安心して食べられる。

住所 富山県南砺市野口24
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
電話 080-6369-1865
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
営業時間 10:30〜17:30 休館日 水曜、第4火曜 

 

m_course_hr.jpg

 

course05_1.jpgcourse05_2.jpg

 

 

 

2000年にオープンした施設「桜ヶ池クアガーデン」のナチュラルセラピーが、2014年12月にリニューアル。世界的ブランド・フランスの「THALGO(タルゴ)」の高品質の海藻成分を含む製品を使い、“健康美”を目的としたフェイシャル&ボディトリートメントを受けられるようになった。セラピストによるハンドトリートメントと「THALGO」製品のダブル効果によって、新陳代謝の促進や美白、リラックス効果などに期待ができるという。温泉水のジェットバスによる水流マッサージで取り切れない汚れを取り除く「バンジェ」、肌にやさしい「ボディスクラブ」、高品質の海藻のミネラルを用いた全身のボディパック「アルゴパック」などメニューも豊富。また、トリートメントを受けられる部屋は完全個室のうえ、全室にシャワーが完備されているのも大きな魅力だ。

住所 富山県南砺市立野原東1514
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
電話 0763−62-8181
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
HP http://www.sakuragaike.co.jp
※詳細はHP、またはTELを。