Home > 南砺を旅する > ぶら里なんと"城端"まち歩きNo.1

南砺を旅する

banner_machiaruki01.jpg

富山県の南西部に位置し、東西約 8 km、南北約13km長楕円形のまち、 城端。
池川と山田川に挟まれた舌状段丘に発展したまちは、各所が小路で結ばれ、古い町並みが残る。
先人から受け継いだ歴史、文化の深さや自然の雄大さや美しさ、
そして人々の優しさに包まれ、身も心も癒され る城端の町中を、どうぞゆっくり歩いてください。
遊んでみてください。そして話しかけてみて下さい。
ヒトとヒトとの出会いとふれあいを大切にするまち"城端"です。

【平成28年12月に、城端神明宮の曳山祭がユネスコ無形遺産に登録されました】
  

machiaruki01.jpg

 

  

course_hr_j01.jpg 

  ma_j01.jpgmachiaruki01_01.jpg

明治30(1897)年開業。駅舎は外壁の 塗装など一部修理補修が行われているが、概ね開業当時のままの姿を今に残す。海抜は、123.4mで、構内に表示板がある。2015年に開業した北陸新幹線の 特急券の購入も可能。なんと!その特急券は今では珍しい、手書きである。
南砺市観光協会城端案内所
南砺市是安206-22 ☎0763-62-1821

 

 

course_hr_j01.jpg

 

machiaruki01_04.jpg ma_j02.jpg

本願寺8代「蓮如上人」が開祖。500年以上の歴史。その昔「荒木大善」という豪族がこの場所に城を構えた。現在まで無火災の為、貴重な宝物品を多数所有。365日朝昼にお勤めと法話が行われている。東向き、二階建て瓦葺の豪華な山門(県指定文化財)は江戸後期(1800年頃)に完成。山門二階には釈迦如来、阿難尊者、弥勒菩薩の三体の仏像が安置。また、山門の天井には画工「荒木春栄(しゅんえい)」による迦陵頻伽が描かれている。地元大工「山村与四郎」も副棟梁として参加。棟梁の「柴田新八郎(東本願寺大工)」の設計を無断で改良した為、怒りに触れ"棟札"を掲げられなかったという。柱の土台の石は、石職人により1ヶ月かけて磨かれた。ちなみに、毎年7月22日から行われる"虫干法会"と2月の"涅槃会"の際に、山門二階へ上がることができる。(平成30年頃迄改修工事中)
南砺市城端405 ☎0763-62-0026

 

course_hr_j01.jpg

 

machiaruki01_07.jpg ma_j03.jpg

野村家の土蔵4棟を蔵にしたもので、格子戸、石畳、白壁は小京都らしい場所。絶好の写真スポットのひとつ。テレビや映画の撮影などがよく行われる場所。

 

 

 

 

 

 

 

course_hr_j01.jpg

 

ma_j04.jpg

machiaruki01_10.jpg
大正ロマン風の建物。昔銭湯だったクラフト小物、雑貨のギャラリー。オリジナリティ溢れる品々を楽しめる。有名人も取材で多数訪れる。不思議な魅力のある店。 

南砺市城端590 ☎0763-62-0661

 

 

 

 

 

 

course_hr_j01.jpg

 

machiaruki01_13.jpg ma_j05.jpg

 

 

ユネスコ無形遺産に登録決定!

重要無形民俗文化財曳山祭に巡行する曳山、庵屋台、傘鉾などを展示。祭りの様子をビデオ放映し、一年中祭りの雰囲気を楽しめる。
南砺市城端579-3 ☎0763-62-2165

 

 

 

 

 

 

course_hr_j01.jpg

 

machiaruki01_16.jpg ma_j06.jpg

国の登録有形文化財に指定(平成12年)されている建物。旧城端織物組合事務棟。昭和3年建築。レンガの外壁、吹き抜けの階段、高い天井から下げられた照明など、建築当時の雰囲気をそのまま残す。江戸時代、城端では加賀藩の庇護のもと、五箇山などで養蚕された繭から生糸を取り出し、質の良い絹織物を生産していた。
南砺市城端648-1 ☎0763-62-8880

 

 


course_hr_j01.jpg
 

ma_j07.jpg

machiaruki01_19.jpg

"秋まつか 機おる傍に きりぎりす" 「各務 支考(かがみ しこう)」作。寛文51665)年生(1731年没)。江戸時代前期~中期の俳人。元禄3年芭蕉に入門し、晩年の芭蕉に随行。美濃派と呼ばれる一大勢力を築く。
南砺市商工会城端事務所車場近く
南砺市城端1046 0763-62-2163

坡場(はば)の坂
石垣、瓦屋根、細い縦格子を基調とした町家が両側に立ち並ぶ通り。かつての造り醤油屋には、赤レンガの倉庫や「醤油」と書いた木の看板などはノスタルジックな雰囲気に。

 

course_hr_j01.jpg 

ma_j08_1.jpg

machiaruki01_21.jpg

昔ながらの町並みを見下ろせる場所。漆喰の壁の蔵の跡があちらこちらに。天気が良ければ袴腰山も綺麗に望めます。
 

ma_j08_2.jpg

句碑「袴腰晴運」
"慇懃(いんぎん)に 月もかかるや はかまごし"「八十村 路通(やそむら ろつう)作。慶安2(1649)年生(1738年没)。江戸時代前期~中期の俳人。

 

course_hr_j01.jpg 

ma_j09.jpg

machiaruki01_23.jpg 

京都西陣の老舗「旧川島織物」を創業した川島甚兵衛の出身地。吉村絹織物業の渡り廊下をくぐって通れる小道がある。
 

ma_j09_2.jpg

川島橋
川越しに、三角屋根が連なるかつての機織り工場が見られる。機織りが盛んだった頃の"絹のまち城端"の名残が伺える。

 

course_hr_j01.jpg

 

ma_j10.jpg

machiaruki01_25.jpg

江戸時代から続く秘伝のタレで美味しく香ばしく焼き上げた「どじょうの蒲焼」のお店(東町通り、竹部商店 南砺市城端105 ☎0763-62-0014 )。天保三年初代萬屋甚五郎七才にして、あんころを売り歩いて以来の五代にわたる菓子道具を展示しているお店(西町通り、田村萬盛堂 南砺市城端175 ☎0763-62-0124)…等々

 

 

 

course_hr_j01.jpg

 

danshi.jpg

南砺男子とは
南砺の「魅力発信」プロジェクト。南砺で活躍する男性らの「格好(かっけ)ぇ~」を発信する。
自然、歴史、文化、産業・・・様々な魅力のあふれる南砺。
それらに携わる「南砺ならでは」な人びと(男性)を、「格好ぇ~」をキーワードに集め、発信する。


まち歩きx南砺男子(なんとだんし)
まち歩きで出逢う南砺男子に是非お気軽に声を掛けてくださいね。

「南砺ならでは」な魅力を、南砺の格好ぇ~男性らが、そっとあなただけに教えてくれますよ。 

 

pam.jpg