Home > 最新のお知らせ > 【参加者募集中】棟方サミット開催記念!"世界のムナカタ"をより楽しむ、とっておきツアー

最新のお知らせ

2018.05.14 更新

【参加者募集中】棟方サミット開催記念!"世界のムナカタ"をより楽しむ、とっておきツアー

平成30年6月17日(日)

 「棟方志功サミット」開催決定!!
疎開中6年8カ月過ごし、世界のムナカタとして飛躍する礎を築いたとされる成熟の地、福光で2018年9月に棟方志功サミットが開催されます。今回サミット開催を記念し、また毎年開催される棟方志功ゆかりの恒例イベント「瞞着川のほたるとかっぱ村祭り」との連携企画として、世界のムナカタにどっぷり浸れる、とっておきツアーをご用意しました。

ツアーならではの特別企画として

▼福光時代の棟方志功さんを小学生の頃からよく知る人物による"特別ガイド"

▼現役版画家の指導による棟方志功さんの特徴的な表現技法"裏彩色(うらざいしき)"体験

をご用意しました。

棟方志功さんのファンはもちろん、初めて知る方にもお楽しみ頂けるツアーです!
ツアーに参すれば、「世界のムナカタ」として、今も高い人気を誇る、その魅力の理由をより一層感じられること間違いなし!!

※ご家族、ご友人、お誘い合わせのうえ、早めにお申し込みくださいませ。

 


  damashigawa.jpg

商品番号:3004

出発日:2018年6月17日(日) 
[午前の部] 10:20〜12:30 / [午後の部] 13:25~15:35

 


ガイドと歩けばみえてくる「世界のムナカタが愛した
福光「瞞着川」板画巻巡り(裏彩色版画体験付き


 画家として世界的に評価の高い棟方志功さん。戦時疎開で過ごした福光町(現南砺市)には、志功さんゆかりの地が多数存在。そのひとつ豆黒川(鯰川)は、志功さんが「かっぱがでてきて村人をだますのなら鯰川というより瞞着(だまし)川だ」と言い、それが愛称として定着したほど。本ツアーでは、その川沿いにある“瞞着川板画巻”13作品の石碑を、版画家であり、元福光美術館館長補佐である尾山章氏による、作品解説と、福光時代の棟方志功さんのエピソードを交えた案内で巡ります。

b.png

 

 

●「道の駅福光」玄関前  集合・「道の駅福光」玄関前  解散
● 日帰りツアー(半日)、添乗員同行
● 料金:お一人様
 1,500円 (税込)《体験料含む》