商品番号:2901  五月(さつき)にあらわす神々しき優美「城端曳山」  所望宿で愉しむ『庵唄所望体験』

日時:5月5日(祝・金) 9:45〜12:50
所望_ebisu2.jpg

●出発5日前まで受付可 ●日帰りツアー
募集人員:25名 (最少催行人員 10名)
集合・解散場所:善徳寺山門下 集合 / 善徳寺(内) 解散
料 金:お一人様  9,000円 (税込)
    〈特製弁当+南砺ちょこっとみやげ付〉
 
 

「所望宿」と呼ばれる、町家を貸し切り、外扉を開け放った特別座敷席。そこに絢爛豪華な曳山と庵屋台を横づけすることで、まさに目の前で情緒溢れる庵唄に耳を傾け、居ながらにして料亭遊びの気分が味わえる『庵唄所望体験』。直前の解説付まち歩きで祭一色に華やぐ城端の雰囲気を身近に感じ取っていただけることでしょう。また、南砺の食材をふんだんに使用した特製弁当をご用意します。曳山行列の中心地である古刹「城端別院 善徳寺」の中でお召し上がりください。

 

 

  

行程(9:45~12:50)・・・徒歩

[9:45 出発]善徳寺前 集合・・・城端まち歩き《祭の見どころ解説付》 ・・・所望宿で所望体験 ・・・善徳寺の中で昼食《地元の食材ふんだんの特製弁当♪[12:50]善徳寺で解散

食事:昼食(弁当)付

集合・解散場所への交通アクセスについて
集合場所は善徳寺山門下、解散場所は善徳寺昼食場所です。
集合・解散場所ともにJR城端駅から徒歩10〜15分。

※ 所望開始時刻は巡行時間によって前後することがあります。
※ 雨天中止の場合は、前日までにお知らせします。中止の場合、参加費は全額ご返金致します。
 

 

> 約款 > 旅行条件書 > 個人情報保護方針

 


  

曳山_yoko_hikimawari2.jpg

祝!ユネスコ無形文化遺産登録「城端曳山祭」

「越中の小京都」と称される城端の春を彩る城端神明宮の祭礼。
5/4宵祭、5/5本祭が行われ、国の重要無形民俗文化財に指定されており、201612月、国内18府県33件の「山・鉾・屋台行事」のひとつとしてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

 

 

 


  

庵屋台_kypushion3.jpg

城端曳山祭の大きな特色「庵屋台」から奏でられる庵唄

江戸時代の端唄を発祥とする庵唄は、城端の先人達が江戸から持ち帰った粋な文化に浸ったという遊び心あふれる文化が現在まで継承されているものです。
当プラン特別座敷席にて情緒溢れる庵唄に耳を傾け、居ながらにして優雅な料亭遊びの気分をお愉しみください。

 

 

 

 

 

tel.pngpc.png