[商品番号:3019] 世界遺産五箇山で伝統産業の五箇山和紙を楽しむ~伝統工芸士がじっくりと教えるモノづくり~

2019年2月16日(土)、2019年3月9日(土)、3月23日(土) 各日13:15〜15:45

<<南砺市観光協会 × 農事組合法人五箇山和紙 連携企画ツアー>>

 ●出発4日前まで受付可 ●日帰りツアー  ●添乗員同行

▷出発日:2019年2月16日(土)13:15~15:45

     2019年3月 9日(土)13:15~15:45

     2019年3月23日(土)13:15~15:45

▷募集人員:10名(最少催行人員 2)

▷集合場所:「下梨」バス停 集合

▷解散場所:「五箇山和紙組合」 解散

▷料金:お一人様 3,800円 (税込、和紙漉き体験、紙塑人形の絵付け体験含む)  

 "世界遺産"五箇山は、合掌造り集落のある地域で、ここには藩政期から連綿と続く産業として「和紙漉き」があります。

ツアーでは、この伝統産業をじっくりと体験します。

日々作業が行われる工房にて、和紙が出来るまでの工程や道具類の見学をしたり、解説を聴いたりします。

また、400年余り続く"伝承の技・和紙漉き"を職人に教わりながら体験して、オリジナルの和紙ハガキを完成させます。

さらに、伝統工芸士に教わりながら、"季節の紙塑人形の絵付け"も体験して、世界に1つだけのMy紙塑人形を完成させます。 

 

行程(10:00~14:00)    ・・・徒歩

[13:15 集合] 「下梨」バス停 集合/出発・・・

(約30分)    移動&下梨エリアガイド 《五箇山下梨エリアをご紹介します》・・・

[13:45 体験等] 農事組合法人五箇山和紙 到着・・・

(約120分)   和紙漉き体験&季節の紙塑人形の絵付け体験」 《和紙漉き職人や伝統工芸士から教わって楽しく体験!》・・・

[15:45 解散]  五箇山和紙 解散

食事:朝 ×  昼 ×  夜 ×

  

◆集合・解散場所への交通アクセスについて◆

*集合場所の下梨バス停までは、高岡・新高岡⇔白川郷間を運行する「世界遺産バス」のご利用が便利です。(運賃は別料金)

*お車でお越しの方は、下梨バス停付近に無料の駐車場がございます。(地図:GoogleMAP

*時刻表  [世界遺産バス] ※世界遺産バスは「下梨(しもなし)」で下車してください。 

 

◆注意事項◆

*ツアーでは、「和紙漉き」と「紙塑人形の絵付け」の2つの体験をします。

*悪天候時は催行中止とする場合がございます。悪天候による中止の場合は前日までにお知らせいたします。その場合、参加費全額をご返金致します。

*ツアー中の移動は徒歩移動となります。履きなれた靴、雨具のご用意をお願いします。降雪期につき、雪(雪解け水等)対策として、防水性のある履物が便利です。

 

● 下記を必ずご一読ください。

> 約款 > 旅行条件書 > 個人情報保護方針

  


Photo-2018-12-26-23-09-07_2931.JPG

 ▷400年以上の永きに渡って、守り受け継がれる伝統の技・和紙漉き 

 

連綿と受け継がれる伝統の産業「五箇山和紙」

南砺の誇る自然や文化、歴史に関する技を訪ねる旅の五箇山編。"世界遺産"五箇山は、合掌造り集落のある地域で、ここには藩政期から連綿と続く産業として「和紙漉き」があります。加賀藩の御用紙として前田利長にも献上され、また合掌民家を白く彩り、風雪に耐え抜く強靭さで人々の暮らしを守り続ける、国の伝統的工芸品「越中和紙(五箇山和紙)」の400年続く技法に、体験や職人の解説を通じてふれてみませんか。


 

【絵付けイメージ】紙塑人形 お雛様.JPG 和紙漉き②イメージ.JPG

▷和紙漉き職人や伝統工芸士から教わる伝統の技「和紙漉き」と「季節の紙塑人形の絵付け」 

 

伝統産業の五箇山和紙をじっくり楽しむ濃密な2つの体験!

和紙漉きと季節の紙塑人形の絵付けの2つの体験を楽しみます。それぞれ和紙漉き職人や伝統工芸士から直接指導を受けて、五箇山和紙のハガキを完成させたり、お雛様や五月人形などの節句人形を完成させたりします。日々作業が行われている工房も見学して、五箇山和紙が出来るまでの工程や使われる道具などについての解説を受けるなど、伝統産業についてじっくりと学び楽しんで頂きます。


 

s-[3019用]豆腐料理写真.jpg

  ▷【オプション】美味しい五箇山の食を召し上がれ(写真はイメージ) 

 

【オプション】五箇山下梨で人気のお食事処とのコラボ【ツアー限定メニュー」の昼食はいかが?

下梨のお食事処「坂出」での美味しい五箇山の食で作る昼食は、五箇山の家庭の味をベースにした温かなおもてなし料理です。ワラでしばって持ち運んだと伝わるほど、固さが特徴的な五箇山豆腐を使った湯豆腐や刺身を召し上がれ。ヘルシーかつボリューム満点のツアー参加者限定のメニューをお楽しみ下さい。(※ツアー内では昼食の時間はございません。ツアー前後に各自でご利用下さい。)


  

tel.pngpc.png

旅々なんとトップページへ