[商品番号:3023] 職人から学ぶ伝統工芸「井波彫刻」の世界

2019年1月27日(日)、2019年2月24日(日)、3月24日(日) 各日13:25~15:30
Photo-2018-12-19-15-10-16_7146.JPG

 <<南砺市観光協会×井波彫刻組合 連携企画ツアー>>

 

●出発4日前まで受付可 ●日帰りツアー(半日)

▷出発日:2019年1月27日(日)13:25~15:30

     2019年2月24日(日)13:25~15:30

     2019年3月24日(日)13:25~15:30

▷募集人員:10名(最少催行人員 2名)
▷集合:井波彫刻工芸館 集合

▷解散場所:井波交通広場 解散
▷料金:お一人様 2,300
円 (税込、鑿打ち体験込み)  

  

信仰と木彫刻のまち・井波は、井波彫刻が非常に盛んで、現在200名を超える職人が日々研鑽に励んでいます。

ツアーでは、職人の工房を訪れ、若き彫刻師直々の指導で、鑿(のみ)打ちの体験をします。

さらには、200本以上を用いるとされる鑿や彫刻刀のこと、下絵図のことなど、知られざる井波彫刻の世界についてじっくりとお話頂きます。

特に、自らの手で鑿を打ち込む機会はとても珍しく、貴重な体験となることでしょう。 

聴くほどに、観るほどに、脈々と受け継がれる伝統の世界についてきっと興味が沸いてきます。

 

行程(13:25~15:30)    ・・・徒歩

[13:25 集合] 「井波彫刻工芸館」 集合/出発・・・

[13:30 体験等]  井波木彫工芸館で「鑿打ち体験」や工房の見学等 《貴重な鑿打ち体験&井波彫刻の世界をじっくりと解説!》・・・

[15:00 ]          八日町通りをまち歩き・・・

[15:30 解散]  井波交通広場 バス停 解散

食事:朝 ×  昼 ×  夜 ×

◆ 集合・解散場所への交通アクセスについて 
*集合場所最寄りのバス停「井波交通広場」、「瑞泉寺」までは、次の交通機関のご利用が便利です。(運賃は別料金)

 ①じょうはな座・城端駅⇔井波木彫りの里間を運行する「井波彫刻バス

 ②金沢駅西口⇔井波間を運行する「加越能バス(金沢井波線)

 ③「瑞泉寺」までは、高岡駅南口⇔小牧堰堤間を運行する「加越能バス(小牧堰堤)」のご利用が便利です。

*お車でお越しの方は駐車場がございますので、申込み時にお知らせください。
 

◆注意事項◆

*鑿打ち体験は、安全に配慮して実施致しますが、彫刻師の指導に必ず従ってください。

*天候によっては催行中止とする場合がございます。天候による中止の場合は前日までにお知らせ致します。その場合、参加費全額をご返金致します。

*ツアー中の移動は徒歩移動となります。履きなれた靴、雨具のご用意をお願いします。降雪期につき、雪(雪解け水等)対 策として、防水性のある履物が便利です。

 

● 下記を必ずご一読ください。

> 約款 > 旅行条件書 > 個人情報保護方針

 


 

s-【木彫り体験】イメージ.jpg

 

宮大工の鑿一丁から生まれた井波彫刻

彫刻師の工房で、鑿を材木に打ち込む「鑿打ち」を体験します。鑿を通じて伝わる衝撃や予期せぬ刃先の動きは、きっと楽しい経験となることでしょう。  

  

 

 

 

 

  


Sー【彫刻刀②】イメージ.JPG

用いる数は200本以上にも及ぶ鑿・彫刻刀

井波彫刻は、大まかに「原木の仕入れ→製材→下絵作成→荒落とし→荒彫り→仕上げ彫り」の順で進んでいきます。荒落としの前段階の穴あけで糸ノコギリを一部用いる以外、彫りから仕上げまですべてを鑿・彫刻刀だけで行っていきます。その工程において、時には用途に応じた鑿・彫刻刀を自作するほどに、井波彫刻に鑿・彫刻刀は不可欠な存在です。井波彫刻師にとって鑿・彫刻刀は手の一部であり、鑿・彫刻刀を駆使して小さなものから大きなものまで、様々なモチーフの彫刻を作り出すことが出来る「鑿・彫刻刀のスペシャリスト」です。 

   

 

 

 


 

s-八日町通り .JPG

 工房から木槌をたたく音が聞こえる石畳の八日町通りをまち歩き

七福神や十二支や猫などの木彫刻が飾られ、まるで木彫刻の美術館のような雰囲気のある石畳の八日町通りで、まち歩きを楽しみます。    

 

  

 

 

 


  

   

  

 

tel.pngpc.png

旅々なんとトップページへ