ツアー詳細

井波別院瑞泉寺で写仏と写経

井波彫刻の発祥の地「ゆったりとした時間の流れる異日常の空間で、じっくりと自分と向き合う「聖徳太子二歳像と和讃の書き写し(写仏・写経)体験」をお愉しみ下さい。古より続く人々の篤い信仰心により再建された井波別院瑞泉寺で、縁の深い聖徳太子二歳像と和讃を書き写し、伝統の職人技が随所に施され、まるで木彫刻の美術館のような本堂や太子堂の院内を拝観します。異日常の空間と集中した時間とが、心と身体を癒し、リフレッシュさせてくれることでしょう。

旅行代金:4,600円
出発日:2021年1月~2021年3月の毎月13、24、28日と毎週日曜日【除外日あり】
最少催行人員:2名様から受付(最大5名)

【太子堂と聖徳太子二歳像】
となみ野(南砺市ほか周辺地域)では古くから太子信仰が根付いており、その象徴的な存在が井波別院瑞泉寺の太子堂です。その太子堂には後小松天皇自刻の「南無太子像」(聖徳太子2歳像が安置され、毎年開催される太子伝会でご開帳(一般公開)されます。

【聖徳太子二歳像と太子を讃える和讃の書き写し】
聖徳太子二歳像をモデルにした絵と太子を讃える和讃を書き写した後は、太子堂の御厨子壇にその絵を奉納します(奉納は後日、寺院僧侶らにて対応となります)。願いを込めたり、仏を身近に感じたいなど、ひとそれぞれの想いを込めて書き写して頂けます。なお、奉納の証として参拝記念を拝受頂けます。

【虎の間で過ごす心静かなひととき】
井波別院瑞泉寺の「虎の間」には身の丈ほどもある、大きな虎が描かれた掛け軸が飾られています。普段は非公開の特別な場所を体験のためだけに開放頂きました。この虎の間で、心静かなひとときを過ごして俗世を忘れ、ただ一心に書き写しに取り組めば、自分と深く向き合う絶好の機会となることでしょう。気分リフレッシュ、心と身体にパワーチャージをさせてくれることでしょう。

ツアー情報

設定日:2021年1月~2021年3月の毎月13、24、28日と毎週日曜日【除外日あり】
除外日:2021年1月3日(日)、2月14日(日)
集合時間:13:30
集合場所:井波別院瑞泉寺(〒930-0211富山県南砺市井波3050)
最少催行人員:2名様から受付(最大5名)
代金に含まれるもの:寺院拝観料、体験料、保険料など
予約締切日:7日前の16時まで

日程表

13:30 井波別院瑞泉寺に集合・受付
  院内の見学(約30分)
  写仏・写経体験(約45分)
15:00 体験終了後、解散

 

備考

★写仏と写経体験について
・井波別院瑞泉寺院内にて写仏(聖徳太子2歳像)と写経(和讃)の体験して頂きます。
・写仏の図柄は2種類、和讃は11種類からお選び頂けます。(用紙サイズはA3)
・書写した聖徳太子2歳像は、太子堂の聖徳太子像の御厨子壇に奉納頂けます。
・奉納の御印として参拝記念(御太子様2歳像の絵)をお渡しします。
・奉納せずにお持ち帰り頂くことも出来ます。

★院内の見学について
・北陸随一の大伽藍を配し、精緻な彫刻が随所に施される古刹をポイントを絞ってご案内します。
・井波彫刻師の技の粋が詰まった「木彫刻の美術館」とも称される太子堂など、井波彫刻発祥の地としての装いの美しさなどもお愉しみ頂きます。
・特に冬期は院内は冷え込みます。足元など暖かい服装でご参加下さい。

 

★交通アクセス

・公共交通をご利用の場合は以下の通りです。
【JR金沢駅から】加越能バス・南砺-金沢線乗車65~80分、「交通広場」バス停にて下車
【JR新高岡/高岡駅から】 加越能バス・庄川町小牧線乗車50分、「井波中央」バス停にて下車

・お車の場合は、井波交通広場駐車場をご利用ください(別途駐車料金必要:普通車210円/1日・1台)

 

取消規定

・前日キャンセル:50%

・当日キャンセル:100%

 

※キャンセルの場合は必ずご連絡下さい。

※無連絡で開始時間から30分経過した場合は当日キャンセルとします。