観光情報

ふくみつじょうしせいかえん

福光城址栖霞園

平安時代の末期に砺波地方を支配した石黒氏によって福光城が築城されました。文明13年(1481)に井波瑞泉寺周辺に集まる一向宗徒との争いに敗れ、福光城は焼亡したとされています。明治元年(1868)までに、その城域内に金沢の茶人桑原棟宣監修の栖霞園が完成していました。昭和34年(1959)に、その文化的価値が認められて指定文化財に指定されています。現在はお茶会が開催されるなど住民の憩いの場として利用されています。

住 所
〒939-1610 富山県南砺市福光4698
交通アクセス
福光 ICより車で10分
福光駅より徒歩15分
TEL
0763-23-2014(文化・世界遺産課)
FAX
0763-62-2112(文化・世界遺産課)
定休日
冬季期間は利用不可
料金
無料(但し、利用にあたって事前に申請書の提出が必要)
クレジット
カードの利用
不可
駐車場
0台、大型:不可